男の下心は寂しさから生まれてくるもの?

男性は寂しがり屋の生き物か、それとも孤高に生きる生き物かと問われたら男は「孤高に生きるかっこいい生き物さ」さと答え女性は「寂しがり屋の生き物よ」と答えることでしょう。

これ、女性が言っていることが正しいといえるでしょう。

そう、男性は孤高に生きる生き物というように錯覚しているだけで実は女性よりも寂しがり屋な生き物です。

母の懐に抱かれて眠った記憶

男性は子どもの頃に母の懐に抱かれて眠った記憶を誰でも持っています。

そうこの記憶を大人になってもずっと引きずりやすい性質を持っているのです。

だからこそ一人で家にいたりすると「なんだか寂しいな」と思うようになり、結婚しようかなと思い女性の所へ様々顔を出すようになるのです。

せふれだってその一環

結婚とまでは言わずとも恋愛関係に発展させておくことで、寂しさを紛らわせる男は多いものです。

また、セフレがほしいといっている男性の理由もたいてい寂しさを紛らわせたいからと言うのが多いのです。

セフレがほしいというひとは性欲が強い人という固定観念を持ってらっしゃる方もいるかもしれませんがそれは決して正しくはありません。

セフレは人間ですから出合ったときにぬくもりを感じますし、セックスすることにより互いの体が一つになることでより寂しさが紛らわせられるのです。

恋人になるよりも手っ取り早い

セフレサイトを使えばたくさんの女性とセックスフレンドになる機会が増えます。

要するに、恋人を探すよりも手っ取り早いのです。

相手も恋人を探しているわけではありませんから、あなたの仕事や年収についていちいちチェックしたりはしません。

エッチの楽しさを共有できる友達であれば良いのです。

恥ずかしがらないこと

なんだか男が寂しがり屋なんて恥ずかしいと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

何も恥ずかしがることなく、女性と接していけば良いのです。

男の下心なんて女性からしたら結構丸見えと言うことが多いのですよ。