セフレがほしいのは男として当然のことだ

男の性欲を解放するための方法としてせふれを使うか風俗を使うかという問題があります。

セフレがほしいと言えばセフレサイトを利用するだけの理由が生まれますし、男ならやっぱり風俗で遊ぶべきという方もいらっしゃるでしょう。

今日はせふれは風俗に勝るものなのか、男性がせふれをほしがる理由から考えてみましょう。

本番が出来ることが最大の魅力

せふれはその名の通りセックスフレンド、つまりセックスをするための友達で割り切り関係です。

考えてみると風俗店ではセックスは禁止されています。

本番行為に及んでしまうと様々な法律に引っかかってしまってお店が営業できなくなってしまうからです。

しかしせふれはただの人間関係の一環でセックスをするというわけですから、誰も何も言いません。

やはりせふれの魅力はセックスが出来ると言うことでしょう。

お金がかからないというのも

またせふれに関してはお金が基本t系にかからないというのが魅力です。

風俗店は利用するために最低でも1万円、高いところはもはや青天井と言うぐらいの金額が請求されます。

お金持ちならまだしも労働者階級たる一般庶民にとってみたら風俗は高くて高くて手を出せないもの。

そう考えたとき、セックスフレンドはお金がかかりませんしかかったと言ったってホテル代とかご飯代とか互いにメリットがあるお金の支出だけですからありがたいものです。

割り切り関係は何物にも勝る

いかがでしたでしょうか。

せふれという関係はやはりどのような関係にも勝るうれしい間柄と言うことがおわかりいただけたかと思います。

風俗のように商業主義に則ったものではなく、違法な関係でもないと言うことから男がセフレがほしいと言っている姿をごくごく自然の姿で見られるようになるかと思います。

また男性としてもセフレがほしいと言うことは決して恥ずかしいことではなく、合理性が最も認められる間柄を求めていると言うことがおわかりいただけるでしょう。